クレジットカード リボ払い

クレジットカード(リボ払い)の便利さに失敗

クレジットカード(リボ払い)の便利さに失敗

クレジットカードをリボで遣い過ぎて失敗した方向けのサイトです。リボ払いとの正しい向き合い方など。

クレカのリボは金銭感覚がマヒ?

クレジットカード(リボ払い)は便利ですが、「つい遣い過ぎてしまう」という失敗がありますね。

私もそうでしたが、キャッシングやショッピングをリボで利用すると、金銭感覚がマヒしやすいです。

「今月10万使っても5千円の返済で良い」

「あと30万の枠がある。リボだから使ってしまおう」

のように感じていませんか?

クレジットカードも借金ですし、無計画なキャッシング・ショッピングは、あとで生活に響きますよ。

私の場合、最初は1万円の返済でも、利用額に比例して増えていきました。

2万、3万とアップしましたし、そうなると返済が苦しくなるんですよね。

そうじゃなくてもリボの便利さに酔いしれているわけですから、返しては借りて、借りては返してを延々と繰り返すわけです。

クレジットカード1枚で足りなく無ければ、2枚、3枚と作る方もいるのではないでしょうか。

昔のように簡単に作成できませんが、それでも複数の借入れ合わせて100万に達していなければ、原則、収入証明書は不要です。

さらに銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収に関係なく借入れ可能です。

実際は審査がありますから、そう簡単に借金できませんが、あなたの職業、年収、財産によっては、200万、300万、400万と借金が増えることもあるんですよね。

そのきっかけも全て、クレカのリボではないでしょうか。

カードローンもリボで利用できますし、リボ払いの知識がなければ、気付けば多重債の借金地獄…という状況もありますよ。

リボの苦しみから解放されるには?

では、どうすれば借金苦から解放されるのでしょうか?

リボの便利さに失敗しても、復活できるのでしょうか?

まずは収入と支出のバランスを考えると良いですね。

毎月の収入(お給料など)と支出(家賃や食費などの生活費)を書き出してみて下さい。

収入から支出を引いた後、「残った金額で借金返済できるか」が大切ですね。

残った金額が4万円でリボの返済が3万円なら、返済を継続できるでしょう。

残った金額が2万円でリボの返済が3万円なら、すでに家計は破綻しているかもしれません。

その場合は弁護士や司法書士に借金整理の相談を行って下さい。

借金整理は自己破産に限らず、

・裁判所を通さない任意整理
・住宅ローンを残せる可能性がある個人再生

もありますし、あなたに合った整理方法をプロが判断してくれます。

参考サイトとして、債務整理 相談 無料がありますので、ご覧になってみて下さい。

他にも、「リボの借金が返せない」と悩んでいましたら、借金返せないを解決が参考になりますね。

リボは完済まで時間が掛ります

リボの恐さは「金銭感覚がマヒしやすい」と同時に、「完済まで時間がかかる」ことにあります。

返済が長引けば長引くほど、利息がかかりますからね。

利息制限法の年利は15~20%ですし、100万以上の借金なら15%です。

たとえばリボで200万借りていれば、年間利息は30万円になります。

30万円を12ヵ月で割れば、毎月の返済は25,000円になりますよね。

あくまでも、利息のみの返済です。プラスして元本がありますから、最低でも4万円~6万円は必要ではないでしょうか。

私もリボで借金200万を超えましたが、月々の返済は5万円~6万円でしたね。

さらに返済直後にすぐキャッシングしていれば…元本が全く減らない状態が続きます。

要するに、開き直ってしまうんですよね。

「もう完済はムリだ。それなら利息を利用料と考えて、毎月借り続けよう…」

そのような思考です。

それこそが借金まみれ、多重債務者の考え方ですね。

24時間お金のことばかり考えて、より深い地獄へと落ちていきます。

それでもお金の管理を徹底し、債務整理を行えば借金解決が見えてきますよ。

ぜひリボルビング払いから目をそらさず、真正面から向き合って、借金問題を解消して下さいね。